躁うつ病からの社会復帰④(そろそろ正社員がいいなぁ〜!編)

スポンサーリンク

私には躁うつ病という足かせは必要ない。
もう普通に働けるさ!
それならこの際、昔からの夢だった
バスドライバーになろうというお話です。

こんにちは
温泉大好きカウンセラーの
ハマダマコトです

躁うつ病との決別

なぜか大型経験もないのに
バス会社に採用されてしまった私。
バスドライバーになるという夢は叶ったわけですが

でも、まだ躁うつ病で投薬受けてる
精神二級の手帳も持ってる
どうしようか?

やっぱり薬飲みながらとか精神の手帳持ちで
バスドライバーはまずいやろ
と思ったんです。

バス会社の仕事が決まる前から
薬はかなり減らしてきてるし
薬はもうきっぱりやめてしまおう

手帳も返してしまおう

その上で、会社には一切内緒

という結論に

そんな感じでドライバーとして入社しました。

晴れて、あこがれのバスドライバーに

そのバス会社での仕事はどんなものかというと

大阪〜東京間の夜行高速バス
それをドライバー二人で交代で運行するというもの

でもまずは未経験なので、教習が1ヶ月ほどありました

内容は、主に
バスの基本的な動かし方をマスターすること
運行ルートを覚えることでした

でもバスってやつはなんせデカい
左折の時に小さく曲がりすぎて縁石に接触しそうになったり
高速道路の料金所のゲートを通過するのに一苦労だったり
なので、どこかに当てそうで本当に怖かったです

その上、バスって、案外力がなくて走らないです

乗用車みたいにアクセルを踏めば
登るというものではないです

なので、少しの坂道でも
ギヤの選択を間違うと
登らずに、逆に速度が落ちてしまうことも

なので、一定の速度でバスを走らせるのって
結構スキルのいることだったりするんですよね。

最初の数ヶ月はハンドルを持つともうドキドキ
仕事が終わったらもうヘトヘト

また、必ず二人で運行するので
同僚とは仲良くしないといけないと思い
同僚みんなに好かれるように頑張っていました。

スポンサーリンク

そんな体力的にハードな仕事でも
薬をやめてからは、一切薬を飲まなくても
体調が悪くなることはありませんでした。
それは本当によかったなと思います。

この会社おかしい。あ、これパワハラじゃないか!

そんな日々が続き
入社してから一年半ほど経ちました

運転は慣れてきた
でもなんか会社での居心地が悪い
何だか会社の人といると
気が休まらないんです。

先輩方は、他の人は同じことをしても
注意されないけど
私に対しては注意してくる

それも、命に関わるような問題を指摘するのではなく
例えばブランケットの折り方が‥とか
泊まり先の部屋の掃除が‥
といった枝葉末節なことで
毎日のようにいろんな人に怒られる
そんなことが増えてきました

そのうちに、だんだん誰に何を言われるか
恐怖に思うような感覚に襲われていました

私は大型未経験で入ってきていて
先輩の言うことは何でも聞かないといけないとか言う
思い込みがあり気づくのが遅れたのですが

所長以下、会社の人にパワハラを受けてたんですよね

で、最終的には所長にも
私に大きな事故があったわけでもないのに
新車を使った仕事には、私を担当させない
ということをされたので

これはもう、早めにこの会社は辞めた方がいいなぁ

そう思ったのですが

その頃、自宅を購入すべく動いていた時期で
ローンが通るかという問題があり
自宅購入の件が一段落するまで我慢するという結論に

やっと自宅の購入がまとまった時

たくさんのローンを背負ったなぁ。仕事頑張ろう!

じゃなくて、

ああ、これでやっと今の会社を辞められる!

と言うのが正直な感想でした。

よし、ブラック企業からは逃げよう!

そう決めた瞬間でした。

 

 

 

 

スポンサーリンク