Kensington OrbitTrackballのスイッチ修理

スポンサーリンク

こんにちは。誠工房です。

私が長年使っている、トラックボールの左クリックのスイッチが
おかしくなってしまったので
内部のスイッチ交換にチャレンジしてみました。

私が使っているのは、KensingtonのOrbitTrackball with Scroll Ring
というトラックボールです。
正直なところ、私はマウスよりトラックボールの方が好きなんですよね
机の場所取らないし…

というわけで、左クリックのスイッチを交換するために、まずは分解。

 

案外中身スカスカやな!!

 

で、これが問題のスイッチ。
こいつを半田吸い取り線を使って外します。

スポンサーリンク

新しいスイッチもAmazonにで扱っているとのことで
そちらで購入しました。
ただ、元々ついていたのと同じものは中国製で、耐久性に難がある
(だから交換することになったんだし)ようなので
今回はオムロン製のこちらのD2F-01Fというスイッチを使用してみました。
これがちょっとした問題になるとは知る由もなかったです。

ちなみに新旧スイッチの比較はこんな感じ。
大きさが違いますよね!

オリジナルのスイッチと違って、このオムロンのスイッチは三本足
データシートを確認し、使わないほうの足をカットして基板にはんだ付けします。

そして元通りに戻して修理完了!

 

と言いたかったんですが

新しいスイッチと基板を固定するネジが干渉する(泣)

しかし、固定できればいいし
ケースの内部なので問題ないかということで
その辺りは目をつぶることにしました。

で、動作確認!

ちゃんと左クリックできてます!

ということで修理完了です。

スポンサーリンク

デジモノ

Posted by